FC2ブログ

DSA最新ニュース

IDECオフィシャルサイト

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

【バレエのための解剖学1.2】事務局リポート

4877 3000 2999

【バレエのための解剖学1.2】事務局リポート

5月3日(火) 東京本部にて、
バレエのための解剖学1,2(総論・体幹、股関節)を開催いたしました。
講義は土黒秀則先生、実践指導に国際ダンス教育センター代表齋藤愛見先生でした。
今回も沢山の受講生の方々にご参加頂きありがとうございました!

解剖学の理論を学ぶだけでなく、どのようにレッスンに活かすかという視点も取り入れられており、また、実際に自分の身体を触わるため大変理解がしやすい講座でした。

講義では、レッスンの向上のために、
レッスン前に筋肉を活性化させるためのコンディショニング法や、正しい骨盤の位置、股関節からのアンドゥオールの仕方、またそれらを維持をするためのストレッチ、エクササイズなどを学びました。
日頃私たちが悩みがちな問題の解決策を、実践を取り入れることで、頭の理解と身体の理解と、両方で変化を感じることができました。

また、バレエのポジションや動作でよく起こる問題点の原因、その改善策など、たくさんの気づきを得る事ができ、とても有意義な時間でした。

東京本部にて来月6月12日(日)に
バレエのための栄養学講習会を開講いたします。
ダンサーの食事。何をいつ食べるかは、パフォーマンス向上のために必要不可欠な内容となっております。
ぜひ一度ご参加くださいませ!!

お申し込みはこちらから。
https://www.idec-dance.com/seminar/#s1992

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。


国際ダンス教育センター
本部 田中靖子
スポンサーサイト
事務局
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。