FC2ブログ

DSA最新ニュース

IDECオフィシャルサイト

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

バレエのための講習会のお知らせ

バレエのための講習会をお知らせいたします。
指導者の方、現役ダンサーの方、ダンサーの治療に関わっている方にお勧めの講習会です。

『バレエのための解剖学』
●日時 11/22,23 10時~15時15分
●内容 「総論・体幹」「股関節」「膝関節・足関節」「肩関節」の4講義で行います。理学療法士の先生が丁寧に分かりやすく説明して下さいます。身体の各部位の機能解剖学を学ぶことで、引き上げとは何か、アンドゥオールではどこを意識するのか、つま先を伸ばすためにはどうすればよいのか、美しく腕を動かすにはどこから使うのか、ということを理解していきます。また講義全体で、正しい姿勢とは何か?パフォーマンスを上げるのに必要なことは何か?ということを学びます。
●会場 「バレエアーツスタジオ」
     東京都中野区中央1丁目42−5 2F
      http://www.ballet-arts.jp/class/access

『発育発達』
●日時 12/2 10時~11時30分
●内容 子供の発育発達を学びます。講師は整形外科医の山田睦雄先生です。子供の成長していく過程を学ぶことで、年齢にあわせた指導をすることが出来ます。音感、表現力、柔軟性、テクニックを教えるタイミングがはっきりすることで、クラスの構成がより明確になります。また、子供の怪我についてもお話して頂きます。
●会場 「バレエアーツスタジオ」
     東京都中野区中央1丁目42−5 2F
      http://www.ballet-arts.jp/class/access

『動きの分析』
●日時 12/4 10時~11時30分
●内容 物理(バイオメカニクス)の視点でバレエの動きを分析していきます。重心とは何か?ジャンプを高く跳ぶにはどのように力を使えば良いのか?ピルエットを回る時にどこを意識すれば回転力がつくのか?ということをとても分かりやすく、専門家の袴田智子先生が教えてくれます。自らのパフォーマンスを上げることはもちろんですが、指導者はどこに注目すればよりスムーズな指導が出来るか、感覚ではなくより具体的な視点を持つことで、ポイントが分かりやすくなり、指導がしやすくなります。
●会場 「バレエアーツスタジオ」
     東京都中野区中央1丁目42−5 2F
      http://www.ballet-arts.jp/class/access

それぞれの講習会では専門の先生が講師をして下さいます。とても分かりやすく、そしてバレエの現場ですぐにでも生かせる内容です。
お時間がある方はぜひ下記までご連絡ください。

国際ダンス教育センター
MAIL infoアットマークidec-dance.com
http://www.idec-dance.com/


スポンサーサイト
事務局
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。