FC2ブログ

DSA最新ニュース

IDECオフィシャルサイト

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

栄養学、心理学、生理学の講習会のお知らせ

9月14、15日にダンスのための医学講習会を行います。

*日程 : 9月14日(日)10時~12時15分「ダンスのための栄養学」
              13時~15時15分「ダンスのための心理学」
      9月15日(月)10時~15時15分「ダンスのための生理学」

*場所 : バレエアーツスタジオ
       東京都中野区中央1-42-5 ICKビル2F
       http://www.ballet-arts.jp/class/access

栄養学では、舞台で踊るための身体作りをする食事を学びます。
ダンサーは太らないために舞台前にダイエットをすることがあります。食事を抜いたり、減らしたり、また練習がハードになり食事が摂れなかったり、、ということがあります。
本番前に疲労がたまってしまい、さらに怪我をしやすい状態になっていませんか?
太りにくい食事、疲労回復のための食事を管理栄養士の先生が分かりやすく教えてくださいます。

心理学では、心理カウンセラーとしてもご活躍されている先生が、実例を踏まえてスポーツ選手の心理状態を教えてくださいます。
心と身体は繋がっていて、心理状態が行動やパフォーマンスに表れることがあります。特に、ダンサーを表現をするものなので、心理状態がパフォーマンスに与える影響は大きいと思います。
様々なスポーツ選手と接している先生のお話は、ダンス教師やダンスをしている子供を持つ親、もちろん現役のダンサーにも今後の活動に活かせます。

生理学では、動くために必要なエネルギーについてとダンサーの日常のケアに必要なことを学びます。
動くためには何が必要か、身体の中でどのようなことが起こっているかを学びながら、パフォーマンスを上げるための知識をおしえて頂きます。
また、栄養学の知識と合わせて、疲労をためずに本番をむかえるために何をすれば良いかを教えて頂きます。

まだ、申込み可能ですので、ご興味ある方は、ぜひご連絡ください。
お申し込みはこちらから


201409

チラシのご請求はこちらhttp://idec-dance.com/request/
国際ダンス教育センター
info@idec-dance.com
スポンサーサイト
事務局
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。