DSA最新ニュース

IDECオフィシャルサイト

RSS

2014年11月の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

more

「発育発達」「動きの分析」のご案内

「発育発達」、「動きの分析」の受講生の皆様

講習会の詳細をお知らせいたします。

『発育発達』
●日時 12/2 10時~11時30分
●内容 子供の発育発達を学びます。講師は整形外科医の山田睦雄先生です。子供の成長していく過程を学ぶことで、年齢にあわせた指導をすることが出来ます。音感、表現力、柔軟性、テクニックを教えるタイミングがはっきりすることで、クラスの構成がより明確になります。また、子供の怪我についてもお話して頂きます。
●持物 筆記用具
●会場 「バレエアーツスタジオ」
     東京都中野区中央1丁目42−5 2F
      http://www.ballet-arts.jp/class/access

『動きの分析』
●日時 12/4 10時~11時30分
●内容 物理(バイオメカニクス)の視点でバレエの動きを分析していきます。重心とは何か?ジャンプを高く跳ぶにはどのように力を使えば良いのか?ピルエットを回る時にどこを意識すれば回転力がつくのか?ということをとても分かりやすく、専門家の袴田智子先生が教えてくれます。自らのパフォーマンスを上げることはもちろんですが、指導者はどこに注目すればよりスムーズな指導が出来るか、感覚ではなくより具体的な視点を持つことで、ポイントが分かりやすくなり、指導がしやすくなります。
●持物 筆記用具
●会場 「バレエアーツスタジオ」
     東京都中野区中央1丁目42−5 2F
      http://www.ballet-arts.jp/class/access

それぞれの講習会では専門の先生が講師をして下さいます。とても分かりやすく、そしてバレエの現場ですぐにでも生かせる内容です。
講習会は座学になります。

お時間がある方はぜひ下記までご連絡ください。

国際ダンス教育センター
MAIL infoアットマークidec-dance.com
http://www.idec-dance.com/
事務局

more

解剖学の講習会、終了!

11/22,23の二日間にわたる”バレエのための解剖学”の講習会が終了致しました。
受講生の皆様、ありがとうございました。
新たな学び、新たな気づきがあり、さらにレッスンの場で活かせていただければ幸いです。

講習会をご紹介します。

講師は理学療法士の平賀先生でした。
全てで4講義、「総論・体幹」「股関節」「膝関節・足関節」「肩関節」でした。
4講義で姿勢の大切さを学びました。
姿勢の見方を教えてもらい、みんなでアライメントの確認をしました。
自分のくせなどが客観的に評価出来るようになりました。
そして、バレエに必要なアンドゥオールです。
アンドゥオールは股関節の外旋です。
下肢のアライメントを学び、正しくアンドゥオールが出来ているかも確認しました。
そして、アンドゥオールがしやすくなるストレッチやエクササイズをしました。
ストレッチのあとはアンドゥオールがしやすくなしました。

その他にも、脚が上がりやすくなるストレッチや体幹を安定させるエクササイズ等、知識だけではなくすぐにでも出来るストレッチやエクササイズを教えてもらいました。

今度は12/2に子供の”発育発達”、12/4に”動きの分析”がありますので、ご興味ある方は下記までご連絡ください。

国際ダンス教育センター
MAIL infoアットマークidec-dance.com
http://www.idec-dance.com/


事務局

more

バレエのための講習会のお知らせ

バレエのための講習会をお知らせいたします。
指導者の方、現役ダンサーの方、ダンサーの治療に関わっている方にお勧めの講習会です。

『バレエのための解剖学』
●日時 11/22,23 10時~15時15分
●内容 「総論・体幹」「股関節」「膝関節・足関節」「肩関節」の4講義で行います。理学療法士の先生が丁寧に分かりやすく説明して下さいます。身体の各部位の機能解剖学を学ぶことで、引き上げとは何か、アンドゥオールではどこを意識するのか、つま先を伸ばすためにはどうすればよいのか、美しく腕を動かすにはどこから使うのか、ということを理解していきます。また講義全体で、正しい姿勢とは何か?パフォーマンスを上げるのに必要なことは何か?ということを学びます。
●会場 「バレエアーツスタジオ」
     東京都中野区中央1丁目42−5 2F
      http://www.ballet-arts.jp/class/access

『発育発達』
●日時 12/2 10時~11時30分
●内容 子供の発育発達を学びます。講師は整形外科医の山田睦雄先生です。子供の成長していく過程を学ぶことで、年齢にあわせた指導をすることが出来ます。音感、表現力、柔軟性、テクニックを教えるタイミングがはっきりすることで、クラスの構成がより明確になります。また、子供の怪我についてもお話して頂きます。
●会場 「バレエアーツスタジオ」
     東京都中野区中央1丁目42−5 2F
      http://www.ballet-arts.jp/class/access

『動きの分析』
●日時 12/4 10時~11時30分
●内容 物理(バイオメカニクス)の視点でバレエの動きを分析していきます。重心とは何か?ジャンプを高く跳ぶにはどのように力を使えば良いのか?ピルエットを回る時にどこを意識すれば回転力がつくのか?ということをとても分かりやすく、専門家の袴田智子先生が教えてくれます。自らのパフォーマンスを上げることはもちろんですが、指導者はどこに注目すればよりスムーズな指導が出来るか、感覚ではなくより具体的な視点を持つことで、ポイントが分かりやすくなり、指導がしやすくなります。
●会場 「バレエアーツスタジオ」
     東京都中野区中央1丁目42−5 2F
      http://www.ballet-arts.jp/class/access

それぞれの講習会では専門の先生が講師をして下さいます。とても分かりやすく、そしてバレエの現場ですぐにでも生かせる内容です。
お時間がある方はぜひ下記までご連絡ください。

国際ダンス教育センター
MAIL infoアットマークidec-dance.com
http://www.idec-dance.com/


事務局

more

関西支部「バレエのための解剖学」終了

2014年11月2日、関西支部にて初の講習会「バレエのための解剖学」を開催致しました。
たくさんの受講生の皆様にご参加頂きまして誠にありがとうございました。

「バレエのための解剖学ー総論・体幹」では、講師の平賀先生(理学療法士)から踊るための正しい姿勢、関節の仕組みや、筋肉の働きなどを分かりやすく解説して頂き、実践的なエクササイズもご紹介頂きました。

また、二つ目の講義「バレエのための解剖学ー股関節」では、アンドゥオール(ターンアウト)について、模型などを使用して具体的に説明していただき、股関節を柔軟にするストレッチや、脚を高く挙げるためのエクササイズをご紹介頂きました。

最後には、学んだことを実際のレッスンでどのように活かせるか、齋藤愛見先生による実践レッスンを行いました。関節の動きや、筋肉の意識の仕方などを「プリエ」や「タンデュ」などを行いながら教えて頂きました。

受講生の皆さんは熱心にメモを取られたり、質問などもたくさんいただき、大盛況のうちに終了致しました。

また次回のご要望も多く頂き、ありがとうございます。次回の企画も決定次第ご案内申し上げますので、お楽しみになさって下さいね!

写真 2014-11-02 12 14 04

写真 2014-11-02 12 28 14

写真 2014-11-02 18 45 54

国際ダンス教育センター
事務局
事務局

more

【事務局よりお知らせ】11月3日~9日の電話受付

昨日は、大阪での解剖学を多くの方に受講して頂き、ありがとうございました。

11月3日~9日までの事務局へのご連絡につきまして、この間は電話受付をお休みさせて頂いております。
ご用件がございましたら、下記のアドレスまでメールでのご連絡をお願い致します。
ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い致します。

infoアットマークidec-dance.com

国際ダンス教育センター
事務局

more

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。